1 Day リトリート

ごあいさつ

 こんにちは。沖縄マインドフルネス瞑想会では,45分の瞑想を行う瞑想会を運営してきました。マインドフルネスの中核を大事にしながら,基本的な瞑想の方法を紹介し,マインドフルな考え方や生き方などについて,皆さんと共に深めてきました。
 そうした中で,より深い瞑想体験をする場を設けて欲しいという要望よくお聞きします。確かに瞑想は日々続けることが何より大事ですが,時間をかけて深く実践することで,普段とは異なる気づきの質を体験し,普段は出会わない自分自身に出会うことが出来ます。こうした要望に基づき今年度も,丸一日瞑想に打ち込む,1dayサイレントリトリートを開催致します。サイレントリトリートですので,終日無言で過ごします。また,行うのは瞑想だけで,特別な講話も勉強の時間もありません。ひたすら自身の経験に注意を向け,気づき,逸れては,戻します。自分だけを見つめる豊かな一日を,ぜひ皆さんと一緒に味わいたいと思います。

目的

自分自身の経験だけに注意を向け,生活することを通して,深い気づきの質を体験し,自分自身を豊かにする。

日時

20181215日(日)8:3016:30

場所

琉球大学50周年記念会館

募集人数

15名。先着順とさせていただきます(最終受付は1212日(木))。

参加条件

 沖縄マインドフルネス瞑想会に5回以上参加した経験のある方(だいたいで結構です。ご自身で確認ください)。
 または,支援者のためのマインドフルネス認知療法にご参加の方で,自分自身でも瞑想を継続しておられる方。全日程参加できる方。

費用

 3,500円(実費のみご負担頂きます)

申込方法

 沖縄マインドフルネス瞑想会の事務局メール<okinawa.mindfulness.meditation@gmail.com>に,以下の情報をお送りください。
 タイトル:1dayリトリート参加希望
 ①氏名,②ご所属,③電話番号,④メールアドレス

スケジュール

8:30 集合 説明 講話
9:00 沈黙開始 全体で瞑想 ボディスキャン 
10:00 各自で瞑想
11:00 昼食・休憩
12:00 全体で瞑想 手動+歩行瞑想
13:00 各自で瞑想
14:30 全体で瞑想 呼吸瞑想+慈悲の瞑想
15:40 沈黙解禁 振り返り
16:20 終わりの会
16:30 解散

持ち物

・動きやすい服装(ジャージなど)
・必要であれば,ご自身の瞑想を補助する道具(ヨガマットやバスタオル,My坐布など)
・温度を調整できる動きやすい服装
・脱ぎ履きしやすい靴
・足を拭くためのタオル(外で瞑想を行って頂いても結構です)
・(水筒などを持参する場合には,名札などをつけて茶菓置き場において下さい)



リトリート中のすごし方

1)沈黙について
集合し,説明と講話を受けた後から15時半までは,完全に沈黙して過ごします。
この間は,一切の会話,またコミュニケーションも行わないで下さい。アイコンタクトや身振り手振りも禁止します。また,メモをとったり文字を書くことも禁止します。これらは,自身の体験だけに深く注意を向ける経験を味わって貰うために行うものです。自身の体験を深めるためにも,他者の体験を邪魔しないためにも,厳守でお願いします。
 急なトイレなど,必要がある場合には,断りなく部屋を離れて頂いて結構です。


2)荷物について
 携帯電話や電子機器は,マナーモードでなく,必ず電源をオフにして下さい。そして,個人の荷物は基本的には全て荷物置き場に置いて,必要がない限りは終了時刻まで触れません。常に人が待機して管理しますので,貴重品も荷物置き場においていって頂いて結構です。常に携帯する必要があるものがある場合には,小さなポーチや手提げ袋等を各自でご準備下さい。携帯電話,筆記用具,飲み物等は携帯できません。

3)瞑想について
 瞑想は,全体で行う瞑想と,各自で行う瞑想の時間があります。全体で行う瞑想の時間の5分前に合図をしますので,合図が聞こえたら瞑想室にお集まり下さい。全体瞑想が終わったら,その場で瞑想を続けて頂いても結構ですし,外に出て,周辺のどこで,どんな瞑想をして頂いても構いません。
また,トイレ,飲食などの休憩も,この時間内に各自でとって頂いて結構です。各種飲み物と簡単な茶菓子は,食事室に用意しております。他者に注いであげたり,御礼を言うなどのやりとりは必要ありません。自分のために自分に必要なだけお取り下さい。
お茶を注いだり,お菓子を食べる時間も瞑想の一部と考えて,その経験に常に注意を向け,気づきを得られるよう意識して下さい。
なお,リトリートでは,ボディスキャン,手動瞑想,歩行瞑想,坐る瞑想を行います。当日,ボディスキャン,及び手動瞑想と歩行瞑想は自分自身で実践をしていただきますので,やり方が不安な方は,これから当日までの間にある瞑想会(11/26)にご参加下さい。

4)どうしても相談があるとき
 どうしても途中で抜けたい,途中で急に体調が悪くなった等,誰かに相談したいときは,スタッフにお声がけいただくか,伊藤も参加者同じ活動をしながら会場におりますので,肩をたたいてお知らせ下さい。無理をせず,自分自身でご判断下さい。



以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿